2つの制度を比較|M&Aの制度を活用して会社売却|独立開業に関する制度

2つの制度を比較

ビル

大阪は全国的に比較すると多くの企業が拠点を儲ける所業地区に該当するといえるでしょう。その為、独立開業やビジネスを始めようと考えている起業家にも人気のエリアとなっているのです。大阪で、新しく事業展開を始める場合、最初の資金準備に困ることがありますが大阪府には開業支援制度がいくつか用意されているのでこちらを活用してみるのが良いといえるでしょう。大阪府が提供する開業支援制度では助成金や補助金が代表的となっており、銀行の融資とは違い返済が不要となっているので資金が不足している場合でも有効活用できる仕組みになっているのです。
上記で開業支援は助成金と補助金の2つがあると明記しましたが両者の大きな違いは受給するための難易度となっています。補助金は大阪の予算が予め設定されているので申請をしても受給できる可能性が低くなっているのです。助成金の場合は条件がマッチングすれば比較的スムーズに受給をすることができるようになっています。そしてもう1つの大きな違いは申請を受け付けている期間にあります。補助金は募集している期間が短くなっており1ヶ月程度の場合もあるのです。それに対して助成金は長い期間の募集を実施していることが多いので双方の開業支援募集期間をしっかりと確認しておきましょう。