税率に低いビジネス|M&Aの制度を活用して会社売却|独立開業に関する制度

税率に低いビジネス

船

グローバル化が進む現代では英語圏だけでなく香港などのアジア圏で会社設立を行なう起業家も段々と増えてきています。香港はアジアの中でも多くの企業が拠点を設けるビジネスの盛んなエリアとなっているので、新しく事業展開を進めて行く上で非常に有利となっているのです。また、香港の隣国が経済政策を自由化したことによって更なる経済成長が起きているのです。日本からも香港に会社設立を考えて、準備を進めている起業家は数多く存在するといえるでしょう。香港は隣国や日本と比べて税率が安くなっており課税のシステムも非常にシンプルとなっているので、輸出入を考えている個人事業主にも最適となっています。
また、香港では日本では購入することのできない金融商品などを緩和しており、投資面の分野において力を入れている傾向があるので、金融系の会社設立を考えている場合にも有効的となっています。それに加えて、香港では国内にいながら会社設立ができるという大きなメリットも存在するので、事務所を構えるだけで有力な拠点を確保することができるのです。香港でも国内同様に様々な企業形態が存在していますが、代表的となっているのは株式会社のようなシステムと、日本名の会社を海外支社として活用する方法です。